MENU

低周波治療器の正しい活用法と効果

パソコンなどのデスクワークが多くなってきた近年では、首や肩のコリや腰痛などで悩んでいる方も増えてきています。
そして、そういった方の場合には、首や腰、肩などに痛みがあるときに整骨院や整形外科で低周波治療を受けた経験がある方も多いと思います。
低周波治療というのは、痛みを感じている患部にパルス電流を流して、そのパルス電流の刺激によって筋肉の収縮と弛緩を繰り返すことでマッサージ作用があるうえに、血行促進も同時に期待できる治療法です。
また、パルス電流は知覚神経を刺激することができるため、神経痛に対しての鎮痛効果をあります。
このように体の様々な痛みに対して大きな効果を発揮する療法だからこそ、低周波治療は整骨院や整形外科の治療で頻繁に用いられているのです。
そして、近年では数ある健康器具の中でも自宅で体のコリと痛みを緩和することができる家庭用の低周波治療器が人気となっています。
家庭用の低周波治療器であったとしても、症状に合わせた最適な方法で治療を行えば整骨院や整形外科で使っている医療用の低周波治療器と同じ効果を得ることができるのです。
一般的な家庭用低周波治療器には「たたく(2〜8Hz程度)」「もむ(40〜50Hz程度)」「さする(100〜120Hz程度)」などのモードが搭載されており、このモードを適切に使用することでより有効な効果が得られるのです。
基本的に1Hzからの低い周波数はコリに効き血行促進作用が、50Hz以上の高い周波数は痛みに効く言われており、その中でも122Hzと1200Hzは体の痛みを和らげる作用が強いと言われています。
つまり、強い痛みを感じる箇所には鎮痛作用が強い122Hzや1200Hzの周波数の電流を流した方が良く、強い痛みを感じる患部の周囲の筋肉には、マッサージ作用のある低い周波数の電流を流すとより高い効果を得ることができます。
しかし、強い痛みを感じる箇所に低い周波数の電流を流してしまうと逆に痛みが増幅する可能性があるので、注意が必要です。
そして、低周波治療器を使う最適なタイミングとしては、体が温まっている入浴後がベストだと考えられます。
入浴後は体が温まっているだけじゃなく血行も良くなっていますし、良い感じで筋肉もほぐれているため低周波によるマッサージ作用も高くなるのです。
また、治療の際に体に貼り付けるパッド部分は消耗品です。
そのためパッドの寿命を少しでも延ばすと言う観点からも考えても入浴後の使用はお勧めなのです。
皮脂などが付いて汚れればパッドは消耗していきますし、汚れていると十分な電流が流れない場合があるからです。

 

腹筋引締、美脚、モデル脚にEMSマシン

 

パーフェクト4500HOT 公式HP

↓ ↓ ↓

http://ems-shopping.com/4500hot/